top of page

「ピッチングメカニズム⑤」

皆さん、こんにちは伊澤です!


おなじみになってまいりました、始まりの野球ニュースは、なんといっても甲子園大会の組み合わせ抽選会が今日行われることですね⚾


我らが宮城代表の仙台育英は、夏の甲子園2連覇が期待されております。

どんな組み合わせになるのでしょうか!!!


さて、本日は投球動作の最終段階になります!


今回はフォロースルー期、または減速期といわれる最後の所です。


前回までは、ボールをリリース(投げる)ための重心移動や出力を高めるための動作やポイントがふんだんに盛り込まれておりましたが、今日はそれらを一瞬で発揮する局面となります!

なんといっても、いかにしてボールに最後まで力を最大限伝えられるかになります🔥


まずは、踏み込み足にしっかりと体重を乗せること、そしてどれだけ地面からの反力をうけとれるかにかかってきます!


プロの投手を見ていると、最後踏み込み足が後ろにずれる選手もいますよね。それぐらい前の足に体重を乗せ、地面から反力をもらえるかでスピードだけでなくボールの強さ、コントロールなど様々な面に影響してきます。


そして上半身と下半身の連動した回旋動作ですね❕

上と下の回転と腕の振りが揃うことで、ロスなくボールに力を伝えられますよね!

トレーニングとしては、どれだけ瞬発的に大きな力を発揮できるかがカギになるのでメディシンボールを使ったり、ジャンプ系のトレーニングを取り入れられると良いですね👍


いかがだったでしょうか、今回は5回に分けて投球動作を振り返ってみました。


こうしてみると、リリースするまでの動作ですべて意味があり気の抜ける局面はありませんよね💦

だからこそ反復練習が必要であり、反復できる体力を高めたり、必要な動きが実施できるためにトレーニングが大切になってきます!


正直、文字だけでは伝えきれないことがたくさんありますので、気になる方はぜひ、スポーツプラスまでお越しください!

次回からは、また違った視点で野球について投稿できたらと思うのでぜひ楽しみにしていてください!!!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page