top of page

白木の部屋Vol.22【うまく統合できているか?】

こんにちは、トレーナーの白木です。


今回は、感覚器からの集めた情報を“統合”するというお話しです。

感覚器から集めた情報は、小脳に集められます。

そして反対側の脳幹、大脳皮質へと入っていきます。


そこで入ってきた情報を処理し、状況に合わせた姿勢や動作をつくっています。


うまく処理できていなければ、状況に合わせたプログラムを作成することができません。


常に反り腰であったり、胸や肩が丸くなってしまうことは、あくまで姿勢を作る時のプログラムのずれが考えられます。


意識的に姿勢を正したとしても、無意識に入ってくる情報に、処理にズレがあればまた元に戻ってしまいます。

その姿勢を続けた結果、“腰痛”であったり“肩こり”に発展し、長期間続くと整形外科的疾患にまで発展したりします。


感覚情報からつくれるということは、姿勢は良くも悪くも変化し続けます。


SPORTS+では、姿勢改善や痛みの改善を行なっております。

姿勢をつくっている脳へとアプローチし、根本からの改善致します。


気になることがあれば、お問合せください。


閲覧数:7回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page