top of page

白木の部屋Vol.26【地球を感じる】

更新日:2023年11月2日

こんにちは、トレーナーの白木です。


今回は、“地球を感じる”ということで壮大な話ですが...。


姿勢をつくる時に重要なものの中に、体性感覚がありましたが、その体性感覚の中でも足部からの情報は70%と言われています。

立った時の姿勢において、唯一床、地面と接している部分が“足部”となります。

そのため、足部のアライメントを整えることが重要です。


足部には、片足だけで26個もの骨がありますが、姿勢制御において重要なことが2つあります。


・足底の感覚

足の裏の感覚は、立位姿勢においてとても重要です。

日本人は座っている時間が世界一長いだけでなく、ミッドソールの厚い靴も多くなり、足の機能をフルで使うことが少なくなっていると思われます。

足底へ感覚刺激を入れると、姿勢動揺が減少するという研究もあるくらいです。

セルフや人によるマッサージ、エクササイズ、何か踏むなど様々な方法がありますが、積極的に取り入れていきたいですね。


・中足趾節関節の可動性

写真で表していますが、中足趾節関節は5つの中足骨と趾骨で形成されています。

なぜここの関節が重要なのか。


それは、足部の筋肉がこの関節を越えるものが多いからです。

短趾屈筋や長母趾屈筋、長母指外転筋、短母指屈筋など様々筋肉が関節を越えて付着するため、可動性が低下していると筋肉が正常に働きません。

先ほどの感覚もですが、こうした機能低下は外反母趾や扁平足の原因となっていきます。


次回は、この足部周辺のエクササイズをいくつか紹介していきます。


最後までご覧頂き、ありがとうございます。

それではまた次回!


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comentários


bottom of page