top of page

目指せ!球速アップ!

みなさんこんにちは♪

SPORTS+トレーナーの佐藤です!


今回は球速アップを目指している方のための下半身のトレーニングについて3つ紹介していきたいと思います。


・スクワット

スクワットは下半身の強化に最適なトレーニングです。

人間は下半身の方がとくに太くて強い筋肉が集中しているのでしっかりと下半身の筋力トレーニングを行う必要があります。

器具を使わずにトレーニングもできますが重りをもってトレーニングをすると負荷が増えるので下半身強化にはおすすめです。

重りを持つことによって下半身だけでなく体幹や背筋も鍛えることができるので球速アップにも繋がります!

※重りを持つことによって負荷を増やすことができますが注意してトレーニングしないと腰を痛めてしまうことがあるので注意して行いましょう!

投球フォームが安定や、球速アップのための効率の良いトレーニングです。

下半身の主導の投球ができるようにしていきましょう!



・ランジ

野球の下半身強化のために多くの投手が行なっているトレーニングです。単純な動作の繰り返しですが大臀筋(お尻の筋肉)やハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)、内転筋(太ももの内側の筋肉)などが鍛えられるトレーニングです。

投球の下半身強化には効率的に鍛えることができるトレーニングです。



・デッドリフト

野球において投手の球速アップには上半身と下半身のバランスが大切です。

デッドリフトは効率よくトレーニングをすることができるのでおすすめです。プロ野球選手の球速が速い投手の多くはデッドリフトをしてトレーニングをしています。

※このトレーニングもスクワットと同様で間違ったやり方をすると腰や手首を痛めてしまうことがありますので十分注意して行うようにしてください!



みなさんいかがでしたか?

下半身強化のトレーニング種目はまだまだありますが私がぜひやっていただきたいトレーニングを紹介しました。


このトレーニングをして今よりも球速アップを目指して頑張りましょう!


以上で下半身のトレーニングの紹介を終わります。次回は上半身のトレーニングの種目を紹介しますのでぜひ見てください!


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comments


bottom of page