top of page

白木の部屋Vol.32【血管と自律神経を鍛えよ】

こんにちは、トレーナーの白木です。


今回は、SPORTS+とあおやぎ接骨院駅南院の中に併設されました「サウナ+」を体験してきましたので、神経系の話と含めてお話ししていきます❗️


サウナの入り方として、

「8〜12分サウナに入る→水風呂かシャワーで8〜12分休憩」

これが1セットと言われるようです。

これを2〜3セット繰り返すのが効果的な入り方のようです。


ということで、サウナ8分×休憩10分を3セット行ってきました。

元々暑いのが少し苦手ということもあり、とにかく暑い!(笑)

とんでもない量の汗をかきました(笑)

ロウリュウすると暑さも倍増、滝汗です💦



しかし、水を浴びた瞬間の気持ちよさは抜群でしたね。

外気を取り込み、インフィニティチェアに座っているとそのまま寝落ちしてしまいそうです。


サウナの効果としては大きく2つあります。

1つ目は、自律神経の調節です。

体温が上がる時には、交感神経が優位になるわけですが、こうして外部からの刺激で体温を上げ、一気に冷水で冷やすことで、交感神経と副交感神経の振り幅を大きくし、交感神経を抑制するのが狙いです。


例えるならば「バネ」ですかね。

バネは上から押さえるとその反動で跳ねるわけですが、押さえる力が大きいほど飛んでいきますよね。


温冷の幅が大きくなるほど、交感神経と副交感神経の振り幅も大きくなり、交感神経からより副交感神経が優位になってくるというわけです。


2つ目は、血管が拡張による新陳代謝の促進です。

細胞の入れ替わりや活性化には、酸素や栄養素が必要なわけですが、これを運んでいるのが血液です。

血管が拡張することで末端にまで血液が届き、上記のような効果が得られるというわけですね。


運動以外の方法で自律神経を整える。

これはいいですね。


「サ活」皆様もいかがでしょうか?

SPORTS+とあおやぎ接骨院駅南院に併設された「サウナ+」はホームページやサウナイキタイのページでも紹介しております。

是非、

ご覧ください!




閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comments


bottom of page