top of page

【これを摂りすぎると危険です、、、⚠️】

皆様、こんにちは!

スポーツプラス、スタッフの大井川です!


前回の投稿はいかがでしたか?

前回は"不飽和脂肪酸"についてお話をさせていただきました◎


今回は【トランス脂肪酸】についてのお話をさせていただきたいと思います♪


そもそもトランス脂肪酸という名前を聞いた事があるでしょうか?

飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の多くは食品そのものに入っていたのに気づきましたか!?!?


ぜひ投稿を遡って見てみてください!


それでは、トランス脂肪酸とはどういったものでしょうか?

そしてタイトルにあるように、なぜ"摂りすぎる"と危険なのでしょうか?

トランス脂肪酸とは俗にいう「加工油」とも呼ばれます。


例えばマーガリンや、ショートニングといった食用油、ハムやソーセージなどの製造過程で生成される脂肪酸の事を指します、、、!

これまでの飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸は身体の良い部分の作用があったのですが、

このトランス脂肪酸はなんと身体の中で代謝するシステムがありません、、、!

多くは、皮下脂肪や内臓脂肪として吸収されてしまい、エネルギーが過剰に増えてしまい、それが脂肪肝などの臓器の炎症に繋がったり、最悪の場合

動脈系の疾患に繋がることも、、、😱


だからこそ!ダイエットの際には、

マヨネーズやハム、ソーセージなどの加工食品や調味料などの使いすぎはNGとされる事が多いのはこの事が原因だという事ですね💡


保存食とも言われるカップ麺などにも含まれておりますので摂り過ぎには気を付けたいですね💡

3回を通して"脂肪"という観点でお話ししていきました‼️


少しでも参考にしていただけましたら、幸いです⭕️

次回以降の投稿も是非お楽しみに🎉


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Yorumlar


bottom of page