top of page

白木の部屋Vol.42【甘いものが食べたい!!】

こんにちは、トレーナーの白木です。


6月12日はロースイーツの日!

普段は、私も甘いものが食べたくなるんですねぇ。

そこで注目なのがロースイーツと呼ばれるものです。

ロースイーツは加熱せずに作られるスイーツで、素材の栄養素をそのまま摂取できるのが特徴です。

特に運動をする人にとって、栄養豊富なロースイーツはエネルギー補給や筋肉の回復に非常に役立ちます。

ここでは、ロースイーツがどのように運動に関わる栄養学や生理学的効果を持つかについて、文献を交えて詳しく説明します。


栄養素の保持と抗酸化作用

ロースイーツは加熱を避けるため、ビタミンCやビタミンEなどの熱に弱い栄養素が失われることなく保持されます。

これらのビタミンは抗酸化作用があり、運動によって生じる活性酸素のダメージから体を守ります。抗酸化物質の摂取は、運動後の酸化ストレスを軽減し、回復を促進します【1】。


良質な脂質とエネルギー供給

ナッツや種子類を使用したロースイーツには、良質な脂質が豊富に含まれています。

これらの脂質はエネルギー源として重要であり、長時間の持久力運動に必要なスタミナを提供します。特に、オメガ3脂肪酸は抗炎症作用があり、筋肉の炎症や痛みを軽減する効果があります【2】。


天然の糖質とエネルギー代謝

デーツや蜂蜜などの天然の甘味料を使用することで、ロースイーツは簡単に消化吸収される糖質を提供します。

これにより、運動中や運動後に迅速にエネルギーを補給することができます。糖質は筋グリコーゲンの再合成を助け、筋肉の回復を促進します【3】。


植物性タンパク質と筋肉の修復

ロースイーツには、ナッツ、種子、スーパーフードなどの植物性タンパク質が含まれています。

これらのタンパク質は、筋肉の修復と成長に必要なアミノ酸を供給し、運動後の筋肉の疲労回復をサポートします。

さらに、植物性タンパク質は消化が良く、体に負担をかけずに吸収されやすいという利点があります【4】。


食物繊維と消化の健康

ロースイーツには食物繊維が豊富に含まれており、消化においての健康を保ちます。

食物繊維は腸内環境を整え、便通を促進する効果があります。

運動後の食事としてロースイーツを摂取することで、消化をスムーズにし、栄養素の吸収効率を高めることができます【5】。


ロースイーツの実践的利用

運動をする方にとって、ロースイーツは以下のようなシーンで役立ちます。


  1. 運動前のエネルギー補給: 運動前にロースイーツを摂取することで、すぐに利用可能なエネルギーを確保し、持久力を向上させます【6】。

  2. 運動後のリカバリー: 運動後にロースイーツを食べることで、筋肉の回復を早め、疲労を軽減します【7】。

  3. 間食としての利用: 健康的な間食としてロースイーツを摂取することで、エネルギーレベルを安定させ、一日の活動をサポートします【8】。

まとめ

ロースイーツは、その栄養豊富な構成により、運動愛好者にとって理想的なスナックです。

ビタミン、良質な脂質、天然の糖質、植物性タンパク質、食物繊維をバランスよく摂取できるため、運動前後の栄養補給や全体的な健康維持に役立ちます。


これらの栄養的メリットを最大限に活用し、健康的な生活を楽しみましょう。


参考文献

  1. Powers, S. K., & Jackson, M. J. (2008). Exercise-induced oxidative stress: cellular mechanisms and impact on muscle force production. Physiological Reviews, 88(4), 1243-1276.

  2. Simopoulos, A. P. (2002). The importance of the ratio of omega-6/omega-3 essential fatty acids. Biomedicine & Pharmacotherapy, 56(8), 365-379.

  3. Ivy, J. L. (2001). Importance of carbohydrate intake post-exercise. Sports Medicine, 31(4), 235-245.

  4. Bulsiewicz, W. J., et al. (2020). Plant-based diets and gastrointestinal health. Nature Reviews Gastroenterology & Hepatology, 17(12), 761-772.

  5. Slavin, J. L. (2013). Fiber and prebiotics: mechanisms and health benefits. Nutrients, 5(4), 1417-1435.

  6. Burke, L. M., et al. (2011). Carbohydrates for training and competition. Journal of Sports Sciences, 29(sup1), S17-S27.

  7. Beelen, M., et al. (2010). Nutritional strategies to promote postexercise recovery. International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, 20(6), 515-532.

  8. Grandjean, A. C. (1997). Dietary intake data collection: challenges and limitations. Journal of Nutrition, 127(5), 1050S-1054S.



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Kommentare


bottom of page