top of page

熱血プロ野球 NO.14

みなさんこんにちは♪

SPORTS+トレーナーの佐藤です!


今回は横浜DeNAベイスターズの選手を紹介していきます!


その選手は牧秀吾選手です!


牧選手の魅力は左右に打ち分けるバットコントロールを持ちながら、中長距離打者です!



もちろんパワーもありますが、下半身の粘り強さがすごく逆方向に打球を飛ばすことができます!

2021年にサイクルヒット(ヒット、二塁打、三塁打、本塁打)を達成した時の安打も中堅から右方向でした!


2020東京オリンピックの際は残念ながらメンバーに選ばれませんでしたが、その間にパワーアップを目指しトレーニングに励んでいたそうです!その結果、今の牧選手の成績があるのだと思います!


牧選手はバッティングだけでなく守備もすごく評価が高い選手です!


本職の守備位置は二塁手ですが、「試合に出れればどこでも守る」と語っており、1年目から高校以来となる一塁手、そして三塁手をも守っています!

どこでも守るとこができる選手はなかなかいません。


牧選手の守備の特徴としては、球際がとても強く、カットプレーで見せる強い肩が武器になっています!


DeNAの三浦大輔監督は、牧の守備を「意外と器用だなと思って見ています」と高く評価しています!


それだけでなく、今年に行われたWBCのメンバーにも選ばれ、本塁打を2本も放ち優勝に貢献しました!

みなさんどうでしたか?

これからも牧選手を応援していきましょう!


以上で横浜DeNAベイスターズの牧秀吾選手の紹介を終わります!


次回も楽しみにお待ち下さい!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comments


bottom of page