top of page

骨と体


こんにちは!スポーツプラスでトレーナーをしております新田です!

今回のテーマは、骨についてです!

普段我々が使っている筋肉には骨が付いています。さて、その骨とは何でできてどのような役割をしているのでしょうか?


はじめに、

骨の割合です!

私たちの身体は、基本的に206個の骨で構成されています。 骨は体重のおよそ15パーセントから18パーセントまで前後の重量があり、筋肉と同様に主要な身体の構成要素となっています。


次に、骨の役割です。

骨には

(1)体を動かす

(2)脳や内臓を守る

(3)体を支える

(4)血液をつくる

(5)カルシウムを貯める

などの5つの大切な役割があり、どれか一つでも欠けることはありません。


また、

体を動かすのは筋肉の役割という考えが強いかもしれませんが、骨と筋肉は「腱(けん)」という組織でつながっているため、筋肉が伸びたり縮んだりし、骨と骨の間にある関節がスムーズに動くことによって、曲げ伸ばしが可能になっています!


そして、骨の作られ方ですが、

まず

①破骨細胞が酸で古い骨を破壊します。

次に、

②骨芽細胞がコラーゲンを生成し、カルシウムが付着して新しい骨がつくられます。


このサイクルで回っており、骨は大人になっても日々生まれ変わり、形成しています。


最後に骨粗鬆症を紹介します。

骨粗鬆症は、骨の強度が弱くなり、脆く、折れやすくなっている状態であり、

骨の密度が無く、ほぼ中身が空っぽの骨になっていることです。


この状態になると、軽く転んだり、躓いたりしただけで、骨折したり、捻挫をしやくなります。

特に背骨、手首、足の付け根などは骨折しやすい部分です。



その為、骨の役割を把握しておくことで、自分の身を守る術になりますので、浅くでも良いので学んでおくことが大事です。



皆さんも、骨について調べてみて、学びを深めてみてください!

以上で投稿を終わります!

またの投稿をお楽しみに!!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comments


bottom of page