top of page

食事で免疫力アップ!流行り病に負けない体を!

こんにちは! スポーツプラスでトレーナーをしております新田です! この時期は秋めいてて、少し肌寒い日が続いておりますね♪ もうすぐ冬が来るかと思いますが、季節の到来と共に来るのが風邪ですね、 今や、インフルエンザだけで無く、コロナも気をつけなければいけません…

そんな流行り病に打ち勝つには、とにかく 免疫力を高める必要があります! そんな、免疫力を上げるには、食事だったり、運動するのが1番効果的です。 さて、今日は栄養学を通して免疫力を上げる食べ物を紹介したいと思います! まず、結論から申しますと、 免疫力を高めるために摂りたい栄養素は、 1,ビタミンA 2,ビタミンC 3,ビタミンD 4,ビタミンE 5,亜鉛 の5つになります。 特にビタミンA、D、C、Eは、肉・ポテト・パン・シリアルなど外人が主食にしがちな食べ物が不足しやすく、日本でも同様に、野菜やフルーツ、魚介を食べる習慣がない人は、これらの栄養素が不足しがちです。 一つ一つ解説していきます!

ビタミンA 目や皮膚の粘膜を健康に保ち、抵抗力を強める役割があり、暗いところでの視力を保つ働きがあります!

ビタミンC 体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというタンパク質をつくる物質です。 これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。 また、病気やストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします

ビタミンD カルシウムの吸収促進、骨の成長促進、血中カルシウム濃度を調節する重要な役割のある栄養素で、健康な骨を維持するために欠かせない栄養です

ビタミンE 体内の脂質の酸化を防ぎます。 また、血管硬化や血栓の予防、血圧の低下、コレステロールの減少、細胞を健全に保つなどの働きがあります。 亜鉛 ホルモンの合成や分泌の調整、DNA合成、タンパク質合成、免疫反応の調節などに作用し、身体の成長と維持に必要な栄養素です。 お買い物の際に、食品選びとして成分表をみて何がどのくらい入ってるかを見たりして、病に負けないような体を作り、たくさん運動していただければなと思います! 以上で投稿を終了致します! またの投稿をお楽しみに!! #栄養学

#免疫力アップ


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「痛みをとる秘密は脳だった!!」

こんにちは、スポーツプラストレーナーの伊澤です! GWが終わり、また日常が戻ってきて少々疲れが出ている方もいるのではないでしょうか? 運動は身体をうごかすことで体力や筋肉がつくだけでなく、交感神経や副交感神経のバランスを整えるメリットもあるのでぜひ、適度な運動も取り入れてみてくださいね! さて、今日の投稿は誰もが抱えたくないものでしょう「痛み」についてです。痛みといっても様々ありますよね! そして

Comments


bottom of page