top of page

雨の日はちょっと具合悪い?

こんにちは!スポーツプラスでトレーナーをしている新田です!

今日は、最近私自身にあった、天気が悪い日におこる頭痛について話していこうと思います!


天気がどんより、雨だったり、曇りだったり、

そう言った状況のことを「低気圧」と言います


周りの温度だったり、今回のような低気圧などの、気圧の変化に反応するのが耳の奥にある

「内耳」になります。

温度、湿度、湿気、気圧に対してのセンサーとしての役割があり、脳の中枢に気圧の変化を伝えます。


この内耳の反応が敏感だと、わずかな気圧の変化でも、脳が過剰に反応してしまい、結果…

頭痛だったり、吐き気、嘔吐、めまい、肩こり

などの症状が出てきます。


その中でも「偏頭痛」は代表的な症状で

片側、もしくは両側に起こります。

脳にある血管の微動な拡張により、ズキン、ズキンと脈動するような痛みが生じます。



対策としては、耳自体のマッサージを行うことで、耳の血管の通りを良くすることで、低気圧を軽減または、予防することが可能です!

よく、天気の悪い日に頭痛がする方は、ぜひ耳のマッサージをおこなってください!


次に、「耳鳴り」です!

たまに耳の中がキーンとなったようか感覚になることを言います!

また、周りが少し聞こえなくなったり、耳の中に違和感を感じることです!

例えて言うなら、飛行機に乗って上空に向かう時や、高い標高にいる時になります!

外の気圧と耳の中の気圧があっていないため、耳の中の圧が高い状態のことを言います!


これらは、「耳抜き」や、耳栓で防止することが可能です!鼻を摘んで力を入れてみたり、定期的に唾を飲む事で耳抜きは可能です!


私もたまに症状がひどい時には行なっているので、低気圧の症状で困った時には実践してみてください!


それでは、次の投稿もお楽しみに!


#スポプラ

#スポーツプラス

#偏頭痛対策

#コンディションを整える


閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page