top of page

白木の部屋Vol.43【運動が幸せを運ぶ】

こんにちは、トレーナーの白木です。


今回はなんの日からではなく、ドラマを切り取って、お話ししていきます。


みなさんは“アンメット ある脳外科医の日記 ”というドラマは知っていますか?


先日最終回を迎えたドラマなんですが、その中でこんなシーンがあります。


「咀嚼のように一定のリズムで同じ運動を繰り返すと、幸せホルモンっていうセロトニンが分泌されて、幸せになります」

といいながらグミを食べる。


こんなシーンが何度か見られます。


見てた方からすれば、


「え?そこ?笑」

「もっと他にいいところあるよ!」


そんな声が聞こえてきそうです笑


実際に一定のリズムで繰り返される運動というのは、セロトニンの分泌を増やします。

それは、何も“噛む”ことだけではありません。


“歩く”こともまた一定のリズムで行われる運動のひとつです。


「毎日仕事で疲れた」

「寝ても疲れが取れない」

「人間関係がめんどくさい」


そんな悩みを抱えたら、外に出て5分でも10分でも歩いてみてください!

ペースは問いません。

できれば、陽の光を浴びて、自然の音を聞いて歩く。


そうすることで、セロトニンの生成が促され、気分が晴れやかになっていきます。

また、セロトニンは夜になると、睡眠を促すメラトニンへと変化するので、夜の睡眠の質の改善にも繋がります。


悩んだ時、落ち込んだ時こそ体を動かしてみましょう!


ドラマの方は、全然違うストーリーですので、楽しんでいただければと思います(笑)


SPORTS+では、東北一のコンディショニングセンターを掲げて活動しています。

皆様の健康のため、ジムでのサポートだけでなく、ライフスタイルのサポートも行っています。

體のことはお任せください!


画像出典:freepik


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「今と昔の体力差知ってる?」

皆さんこんにちは、トレーナーの伊澤です! 全国的に梅雨入りの最中ですが、もうすでに夏じゃないかと思うような暑さが続きますね☀ 前回の私の投稿はいかがだったでしょうか? 今日の投稿も、子どもの運動能力についての内容になるので気になる方は、前回のブログ も見てみてくださいね👍 今回の投稿は、運動における現代の子供たちに起きている現状についてお話してみます。 そもそも、子どもの運動能力は現代と昔でどれ

Comments


bottom of page